弁護士

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

弁護士は、法律の専門家として依頼者の法律相談、弁護など様々な分野で活躍しています。

個別指導塾TOP > 弁護士

弁護士

弁護士

弁護士とは、法律の専門家として、刑事裁判や民事裁判で依頼者の弁護を行うだけでなく、法律相談、和解・示談交渉、契約書の作成など幅広い分野で活躍しています。

個人および法人からの主な依頼としては、刑事事件、不動産関係の売買トラブル、離婚問題、相続問題など多岐に渡っており、裁判に備えて情報収集や、法令あるいは判例の研究などを行います。

実力社会のため、男女関係なく実績がある人が評価されるため、女性の弁護士も多く活躍しています。

法律系は暗記が得意な人が有利のように思われますが、実際は法令や判例の解釈などに要求される分析力や理解力のある人が向いていると言われています。

弁護士は、公認会計士および医師ともに3大国家試験と言われる難易度の高い試験を合格する必要がありますが、法律系の最高峰の試験とだけあって、難関大学法学部出身者から人気の高い試験となっています。

弁護士を目指す

弁護士を目指すには、短答式試験および論文式試験で構成される司法試験に合格する必要があります。

司法試験の受験資格は、ロースクールと呼ばれる法科大学院を修了するか、もしくは司法試験予備試験に合格する必要があります。

法科大学院は授業料が高く、2年間という時間的拘束があるため、優秀な学生の中には大学在学中に予備試験に合格して、司法試験を受験する人が増加しています。

実際、予備試験の合格率は4%以下と非常に難関試験となっていますが、司法試験の合格率は70%を超えており、法科大学院修了者の合格率25.8%と大きく差がついています。

法科大学院修了者および司法試験予備試験合格者ともに注意したいのが、司法試験には受験期間および受験回数の制限があるということです。

法科大学院卒業後および司法試験予備試験合格後の最初の4月1日から5年間で3回まで受験が可能となっているため、それまでに合格してしまう必要がある非常に厳しい試験となっています。

弁護士になるまでの道のり

弁護士になるまでの道のり

資格概要

資格種類 将来性 難易度 取得方法 合格率
国家資格 良い 大変難しい 通学・通信 26.8%
(2012年度)
受験資格 法科大学院修了者、司法試験予備試験合格者(受験期間5年間のうち3回の受験が可能)
試験時期 5月中旬の4日間
試験内容 【短答式試験】
民事系、公法系、刑事系
【論文式試験】
必須:公法系、民事系、刑事系
選択:倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法から1つ

<<広告・PR欄>>

東京個別指導学院

東京個別指導学院の公式ホームページです。
http://www.kobetsu.co.jp/

トーマス【TOMAS】

トーマス【TOMAS】の公式ホームページです。
http://www.tomas.co.jp/

個別指導塾ノーバス

個別指導塾ノーバスの公式サイトです。
http://www.nohvas-juku.com/

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方 All Rights Reserved.