宇宙飛行士

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

宇宙飛行士は、国際宇宙ステーションに滞在し、宇宙で実験やプロジェクトを行います。

個別指導塾TOP > 宇宙飛行士

宇宙飛行士

宇宙飛行士

宇宙飛行士は、近年、科学技術の発展とともに、宇宙への様々な研究や実験が行われており、とても関心が高まっています。

宇宙には多くの謎があり、それを解明するには高い科学技術が必要であり、その謎を解明する先方にいるのが宇宙飛行士でもあります。

主な仕事内容としてはスペースシャトルに乗って国際宇宙ステーションへ行き、様々な実験やプロジェクトを行います。

また、宇宙だけではなく地上においても、飛行業務の訓練や宇宙に関するデスクワークも行っています。

さらに、宇宙についての啓発活動として、メディアへの出演や講演活動を通じて、宇宙に関することや宇宙飛行士の仕事内容、宇宙開発に関する重要性などを発信していくことも大切な役割となっています。

宇宙飛行士を目指すには

宇宙飛行士になるためには、「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」の行う宇宙飛行士候補者選抜試験に合格する必要があります。

試験の実施時期は不定期ですが、募集要件も特殊かつ専門的な観点から詳細に設定されています。

応募条件としては、大学にて自然科学系の学部(理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、農学部など)を卒業する必要があります。

さらに、その分野において研究、設計、開発等で3年以上の実務経験があることなど、高い専門性が求められます。

また、健康状態も重要な要件となっており、身長、体重、血圧、視力、色覚、聴力なども正常であることが求められます。

宇宙飛行士には、化学や医療、物理などの高度な専門的な知識を持っており、協調性やリーダーシップ、状況把握能力が高く、なにより宇宙に人一倍関心の強い人が向いています。

宇宙飛行士には、化学や医療、物理などの高度な専門的な知識を持っており、協調性やリーダーシップ、状況把握能力が高く、なにより宇宙に人一倍関心の強い人が向いています。

過去には、東京大学を始めとする名門大学を卒業し、パイロット、医師、一般企業、JAXA、大学講師などを経て宇宙飛行士になっています。

資格概要~宇宙飛行士候補者選抜試験~

資格種類 将来性 難易度 取得方法 合格率
なし 普通 大変難しい 独学 1%未満
受験資格 大卒以上(医学部・理学部・工学部・農学部・歯学部・薬学部など)
試験期間 約1年半
試験内容 書類選抜、医学検査、筆記試験、英語、泳力試験など

<<広告・PR欄>>

東京個別指導学院

東京個別指導学院の公式ホームページです。
http://www.kobetsu.co.jp/

トーマス【TOMAS】

トーマス【TOMAS】の公式ホームページです。
http://www.tomas.co.jp/

個別指導塾ノーバス

個別指導塾ノーバスの公式サイトです。
http://www.nohvas-juku.com/

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方 All Rights Reserved.