銀行員

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

銀行員は、貸付や預金業務など行う大学生から人気の高い職業です。

個別指導塾TOP > 銀行員

銀行員

銀行員

銀行員とは、金融業界を代表する職業のひとつで、個人や企業のお金に関するさまざまな取り引きをサポートする仕事です。

銀行員の仕事の業務は、お客さまの預金を管理する預金業務と資金を必要としている人にお金を融資する貸付業務があります。

貸付業務では、企業の運転資金を確保するときや、個人がマイホームを建てるためなどの資金繰りを支える役割を果たす重要な業務です。

銀行員として働く人の特徴として、日本銀行や大手の都市銀行には国内の有名大学出身のエリートが多く、各都道府県の地方銀行では地元の大学を卒業した人や地方出身者が多い傾向にあります。

最近は、外資系の銀行も増えてきてるので、留学経験者や語学が堪能な人も銀行員として活躍しています。

銀行員のやりがいは、融資を通してさまざまな人をサポートできることでです。

また、中小企業が持つ潜在的な力を見極め融資をするかどうかを決定する責任もあります。

銀行員を目指す

銀行員を目指すときには特別な資格は必要なく、銀行の就職試験に合格して、入社することが大切です。

総合職の採用は大学卒業者を前提に募集しているので、大学の在学中に入社試験をめざすのが一般的なルートとなります。

銀行員として活躍するためには、金融・経済・税務・不動産などの知識が必要になります。こういったことから、銀行員の採用は、文系の「経済学部」や「商学部」「法学部」の出身者が多いようです。

最近は金融業界もグローバル化が進んでいるので、語学力を重視した国際学部などの出身者や、数字に強い理系出身者を採用するケースもでてきています。

これらの学部以外の方でも銀行員になるチャンスはありますが、採用試験のときに金融や経済に興味があることを自己アピールできる簿記やファイナンシャルプランナー、宅建の資格を取得したり、語学力があることをアピールするために「TOEIC」や「TOEFL」で高得点を取得して選考を有利に進めていきましょう。

資格概要

銀行員になるためには特定の国家資格や免許が必要なではありません。

しかし、総合職の採用では一般的には大卒採用がメインとなりますので、大学を卒業しておく必要がありますし、大手銀行の場合は、有名大学の卒業生が有利となり傾向があります。

特別な資格はいらないといっても銀行員として働くなら合格しておいたほうが良い資格や検定試験が多数あります。

将来性 難易度 取得方法 採用率
良い 普通 各銀行によって異なる 各銀行によって異なる

おすすめの資格試験

ファイナンシャルプランナー 日本FP協会が試験を行う民間資格。ライフプラン、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金などの幅広い基礎知識を問われます。
銀号業務検定試験 経済法令研究会が行う教育研修事業の一環として企画された検定試験。銀行・保険・証券等金融機関で働いている人が主な対象。法務や財務から外国為替や金融経済、年金アドバイザーや資産アドバイザーなど21系統35種目もの試験が実施され、年間受験応募者数は約25万人。
TOEIC 英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。TOEIC Bridgeテスト、TOEICテスト、TOEIC SWテストの3種類のテストがある。
実用英語技能検定 公益財団法人日本英語検定協会 が実施する英語技能の検定。一般に英語検定または英検と呼ばれる。

<<広告・PR欄>>

東京個別指導学院

東京個別指導学院の公式ホームページです。
http://www.kobetsu.co.jp/

トーマス【TOMAS】

トーマス【TOMAS】の公式ホームページです。
http://www.tomas.co.jp/

個別指導塾ノーバス

個別指導塾ノーバスの公式サイトです。
http://www.nohvas-juku.com/

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方 All Rights Reserved.