税理士

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

税理士は、会社や事業主に代わって税務申告や納税手続きを行う税金のプロです。

個別指導塾TOP > 税理士

税理士

税理士

税理士とは、企業や個人事業主からの依頼を受けて税務申告や納税手続きを行う税金のプロフェッショナルとして活躍できる資格です。

税務代理は税理士だけの独占業務となっており、適切な納税手続きや節税対策など企業や事業主にとってはなくてはならない存在です。

他にも、会計知識を活かして経営コンサルティングを提供したり、社会のグローバル化に伴い語学力を生かした国際税務などを提供したりするなど、新たな活躍の場も誕生しています。

税理士法人や会計事務所で勤務する人が多いですが、一般企業の財務責任者として活躍している人も多いです。

そして、多くの人はある程度の経験を積んだ後、独立開業している税理士が多いため、経営に興味がる人にもおすすめのお仕事となっています。

税理士は、5科目合格することがまずは最初の難関です。その後は、正確に税務申告書を作成するための高度な専門知識が必須となってきます。

さらに、顧客に難しく複雑な会計処理や税金の知識を分かりやすく、かつ的確に説明する必要があるためコミュニケーション能力は重要となってきます。

税理士を目指す

税理士を目指すには会計や税法科目のうち合計5科目合格する必要があります。

科目合格制を採用しており、一度合格すると永久的に有効なので毎年1科目ずつ受験していくことも可能です。

難易度は高いものの、1科目ずつ受験できるため仕事と両立しながら目指せるので人気の高い資格の一つです。

実際、多くの人が会計事務所などで働きながら5科目合格を目指しているケースが一般的です。

税理士試験の免除規定

税理士は、試験科目の免除規定を設けており、試験の長期化を回避するために免除規定を適用する道へ進む人もいます。

修士または博士の学位を持つものは、習得した単位や修士論文の内容を国税審議会に申請し、審査の結果認定されると試験科目2科目が免除されます。

また、国税専門官として採用され、税理士会指定の研修を修了すれば科目免除を受けることが可能です。

こちらは、10以上の勤続経験で税法3科目、さらに23年以上勤務経験があれば会計2科目も免除となるため税理士となる資格が与えられます。

他にも、公認会計士や弁護士も登録することで税理士として活動することが可能です。

税理士になるまでの道のり

税理士になるまでの道のり

資格概要

資格種類 将来性 難易度 取得方法 合格率
国家資格 良い 大変難しい 独学・通学・通信 20.9%
(2012年度)
受験資格 学校教育法の規定による短大(短大は卒業者に限る)や大学で、法律学や経済学を履習した人または、会計、経理事務などに3年以上従事した人など
受験料 1科目3,500円
2科目4,500円
3科目5,500円
4科目6,500円
5科目7,500円
試験時期 7~8月頃
試験内容 ①簿記論②財務諸表論③所得税法④法人税法⑤相続税法⑥消費税法または酒税法⑦国税徴収法⑧住民税または事業税⑨固定資産税
※①②は必須で、③または④はいずれか必須で合計5科目合格すれば良い

<<広告・PR欄>>

東京個別指導学院

東京個別指導学院の公式ホームページです。
http://www.kobetsu.co.jp/

トーマス【TOMAS】

トーマス【TOMAS】の公式ホームページです。
http://www.tomas.co.jp/

個別指導塾ノーバス

個別指導塾ノーバスの公式サイトです。
http://www.nohvas-juku.com/

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方 All Rights Reserved.