高校受験に強い個別指導塾

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

高校受験に強い個別指導塾をランキング形式で紹介しています。

個別指導塾TOP >  高校受験に強い個別指導塾

高校受験に強い個別指導塾

私立中学が少ない地方や、公立高校を志願する中学生にとって高校受験は人生に大きな影響を与える一大イベントの1つ。

志望する高校へ合格できるかで、高校生活の充実度も大きく異なってきます。

受験勉強で悔いを残しては充実した高校生活も送れないので、個別指導塾でしっかりと対策するのがおすすめです。

なぜ個別指導塾は高校受験対策にも向いているのか、お進めの個別指導塾はどこか、そして、高校生になった後の塾選びのポイントについて詳しく解説していきます。

高校受験と個別指導塾

高校受験のイメージ画像

首都圏では中学受験が熱心に行われていますが、高校受験も同じくらいに重要視されています。公立トップレベルの高校や早慶・MARCH、関関同立の附属高校に入学し、高校から内部進学で大学まで目指す生徒が多くいるのです。

高校受験は多くの生徒が挑むため、どの学習塾も高校受験対策は充実しています。

なかでも個別指導塾であれば、オリジナルカリキュラムで個人の志望校あった専用の対策ができるため、効率よく受験対策をすることができます。また、日々の定期テスト対策もばっちり行えるので内申点対策も対応可能です。

集団塾でも高校受験対策は可能ですが、授業の進度や内容はどうしても集団に合わせたものになるため、苦手科目が多い生徒はついていくのが困難ということもあります。

個別指導塾に通っている生徒のなかには、集団クラスの授業を受けながら弱点分野や苦手科目は個別指導で補強する学習方法で、両方のメリットをうまく活用している生徒もいます。

高校受験を考えいている生徒は、選択肢の1つとして個別指導塾を検討してみてはいかがでしょうか。

高校受験は大学入試にも影響するため重要度は非常に高い

中学までは義務教育だったため、例え中学受験で全てが不合格でも公立の中学に進学することができました。

しかし、高校は義務教育ではないので、極端な話で言うと全ての高校受験で失敗すると高校生になれなくなります

もちろん、高校受験もレベルから上から下まで大きく差があるため、どこかの高校へ進学することは可能ですが、進学した高校によって生徒や講師の質は大きく異なってくるため、3年後の大学入試に大きく影響してくることは間違いありません

そういった意味でも高校生になるなら、ワンランク上の高校に進学すべきであり、そのためには質の高い個別指導塾で対策することが一番効率的だと言えます。

悔いのない高校生活が送るためにも、次で紹介するおすすめの個別指導塾に通って対策を行うことをおすすめします。

高校受験に強い個別指導塾

ランキング1位 東京個別指導学院 / 関西個別指導学院
東京個別指導学院 / 関西個別指導学院

東京個別指導学院 / 関西個別指導学院は、30年にも及ぶ個別指導に特化した指導を行う歴史と実績が魅力の個別指導塾です。2019年度のオリコン満足度調査では、高校受験「個別指導塾部門(近畿)」で1位を獲得する人気を誇っています。ベネッセグループの豊富な情報量と充実な受験サポート体制により、志望校合格を最短ルートで実現可能です。まずは、無料の学習相談・体験授業で質の高さを実感することをおすすめします。

特徴 詳細 公式HP
高校受験「個別指導塾部門」で第1位を獲得 詳細 公式HP
ランキング2位 TOMAS【トーマス】
TOMAS【トーマス】

TOMAS【トーマス】は、完全個別指導塾にも関わらず進学塾に負けない合格実績を誇っています。志望校合格逆算カリキュラムによってムリ・ムダなく確実に実力を上げていきます。担当する各教科の先生方は難関高校の受験に精通しており、ポイントを押さえた効率の良い学習が可能な個別指導塾です。

特徴 詳細 公式HP
志望校合格逆算カリキュラムでムリ・ムダなく対策可能 詳細 公式HP
ランキング3位 早稲田アカデミー
早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは、難関校受験指導に定評があり毎年多くの合格者を輩出している全国トップレベルの進学塾です。個別指導では「超難関中高大受験指導コース」を設置しており、塾内のエキスパート講師陣によるマンツーマン指導で国立・開成高・早慶高を目指します。

特徴 詳細 公式HP
全国トップレベルの進学実績を誇る進学塾の個別指導コース 詳細 公式HP

進学して高校生になっても通うことを考えた塾選びがおすすめ

高校入学のイメージ画像

高校受験対策として個別指導塾を選ぶ際には、つい「高校受験対策」という目的のみで塾を選びがちです。

しかし、せっかく個別指導塾に通うのであれば「高校生になってからも通えるかどうか」という視点で考えてみるのもおすすめです。

というのも、高校受験が終わって高校生になっても、その2年後には大学受験対策をしなければいけません。

私立の高校生であれば内部進学で受験の必要がない場合もありますが、内部進学をするにしても内申書や成績が重要視されるため、定期テストである程度の成績をとっておく必要があります。また、他の大学に進学したいならもちろん受験は避けて通れません。

ハイレベルな学校に進学した高校生は、受験は突破できたものの普段の授業や定期テストについていくことが難しいことがあります。勉強についていけなくなってしまう生徒もいるので、高校生になってからも塾に通い続けることをあらかじめ考えておくのは決して無駄なことではないでしょう。

中高一貫校で中学受験を経験した高校生は6年という豊富な時間を使って受験対策を行ってくるため、晴れて希望の高校に合格できたからと油断している暇はないのです。

また、高校受験後に塾を辞めて、高校生になってから再度新しい塾に入るとなると、入塾料金もかかります。料金面を考えても、高校生になってからも通い続けることを前提に選ぶのは損にはならないはずです。

高校生は難しい授業・定期テストについていくことが重要

多くの個別指導塾では、高校生向けのコースを開設しています。たとえば、高校1~2年生向けに「定期テスト対策コース」や「苦手科目対策コース」、高校3年生向けに「志望大学対策コース」などがある個別指導塾が多いです。

高校生になると中学時代と比べて科目数が多くなる上、学ぶ内容もより深いものになるため、一度授業についていけなくなると追いつくのがとても大変です。そのため、苦手な教科があれば高校生の早い段階から対策しておくことが重要でしょう。

ただし、高校生向けの個別指導塾の場合、中学生向けのコースと比較すると料金が高くなることがほとんどです。費用とのバランスを考えながら受講する科目を決めると良いでしょう。

たとえば、英語のように文系・理系のどちらに進んでも必要になる科目は、大学受験を見越して高校生活が始まったらなるべく早く受講しておくなどといったことも1つの考え方です。

大学受験の合格実績が豊富で評判の良い個別指導塾も多い

個別指導塾は定期テスト対策や苦手科目の補助といった位置付けに捉えられがちですが、最近では高校生向けの大学受験対策に力を入れ、高い合格実績を誇っている個別指導塾も少なくありません。

個別指導塾の大学受験対策コースでは、「オーダーメイドカリキュラム」を活かし、高校生ひとりひとりの志望校に合わせた専用の大学受験対策が可能です。

高校生は文系・理系に分かれることもあり、大学受験では志望する大学によって必要な受験科目が大きく異なります。また、国立大学を志望する高校生はセンター試験と大学の二次試験の両方の対策をする必要があるため、2つの試験スケジュールに合わせて対策をしなければいけません。

コツコツと勉強を積み重ねることが苦手な高校生は、試験日から逆算して受験勉強をするのが苦手で、結局勉強が間に合わずに失敗してしまうことがあります。

そういったケースでも、個別指導塾であれば高校生の学力と志望校、試験スケジュールをすり合わせて最適なカリキュラムを作成・管理してくれます

大学受験=大手の予備校に通う、といったイメージを持っている高校生もいるかもしれませんが、勉強が苦手な場合には予備校などよりも手厚いサポートをしてくれる個別指導塾がおすすめです。

高校生になっても個別指導塾での勉強は必要?

必要性を表現したイメージ画像

定期テスト対策は成績アップで推薦入試につながる

近年の大学入試は推薦入試の定員も増加しており、現役の高校生は推薦で合格してしまうことも多いです。

特に近年は、文部科学省が全額の大学に対し、入学定員厳格化を覚めた結果、大学側が合格者数を絞り、上位の大学では難易度が上がってしまっています。

したがって、一般入試よりも推薦入試で合格したほうが確実だと推薦を志願する高校生が増えているのです。

推薦入試の場合、高校の平均評定が求められる場合が多く、指定校推薦だと高校内の競争もあるため、人気が高い大学ほど成績は重視されます。

個別指導塾なら大学受験を見据えた予備校と違い、高校の定期テスト対策もしっかりと準備できるため、評定を上げやすいのが特徴

自分だけのカリキュラムで自由に勉強できるため、推薦入試対策も可能です。

高校生になってからも個別指導塾に通えば、推薦から大学進学も目指しやすくなるということになります。

予備校の集団授業よりも個別指導が向いている高校生もいる

高校に進学したら大学受験を見据えて大手予備校の現役コースで勉強する高校生も多いです。

しかし、大手の集団授業だから学力が伸びるとは限りません

特に、自己管理が苦手な生徒は個別指導で講師が丁寧に指導してくれるほうが学力は伸びまます

大手は生徒数も多いので、サポートは手薄になりがちで、自分で学習計画通りに勉強できないと効率の良い学習が実現できないからです。

また、自ら質問を積極的にできない場合、理解していない部分がそのままの状態となり、苦手科目になってしまいます。

自発的に勉強や質問ができる高校生の場合は、予備校の集団授業もおすすめですが、そうでない場合は、引き続き個別指導塾で勉強したほうが伸びる確率は高いです。

高校生にもおすすめの個別指導塾「東京個別指導学院 / 関西個別指導学院」

東京個別指導学院 / 関西個別指導学院の画像

高校受験でもお進めの個別指導塾だった東京個別指導学院は高校生になってからも、継続して通塾するのがおすすめ。

日々の定期テスト対策もバッチリなので、平均評定を高く維持できれば、大学入試は難関大学へ一般入試より難易度が下がる推薦で現役合格が狙えます。

東京個別指導学院が2019年度に大学入試の指導を行った高校生は約10,000名と個別指導塾の中ではトップクラスでしょう。

圧倒的な指導実績があるため、ノウハウや情報量が豊富で、最適な入試対策を提供してもらうことが可能です。

高校生になると個別指導塾よりも進学予備校を選びがちですが、東京個別指導学院なら東京大学をはじめとして旧帝大学や早慶などトップレベル大学へ合格者を輩出しているため、ワンランク上の大学を目指せる個別指導塾の1つであると言えます。

中学からそのまま高校生になっても同じ個別指導塾に通えば、講師や学習環境も把握しているので、スムーズに高校の勉強を取り組むことが可能です。

>>東京(関西)個別指導学院の詳細はこちら

<<広告・PR欄>>

東京個別指導学院

東京個別指導学院の公式ホームページです。
http://www.kobetsu.co.jp/

トーマス【TOMAS】

トーマス【TOMAS】の公式ホームページです。
http://www.tomas.co.jp/

創英ゼミナール

創英ゼミナールの公式サイトです。
http://www.souei.net/

個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 個別指導塾比較ランキング※個別指導塾の最適な選び方 All Rights Reserved.